社会保険労務士合格体験記

中小企業診断士とのかけもち受験にもかかわらず、独学・一発合格した
62歳(!)の『Sha-ra-run』会員とめさんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
とめさん♂(『Sha-ra-run』会員)
受験時の年齢
62歳
受験動機
16年6月にある会社の顧問を引退。受験時は無職で、60歳代前半の老齢厚生年金受給者。動機は、ボケ防止と年金不足分を少しでも補うことができるかも知れないという淡い期待から。
勉強方法
独学
受験回数
1回
勉強時間
約8ヶ月、700時間程度か
市販の利用書籍
真島のわかる社労士基本書』
『真島のわかる社労士横断式学習法』
試験直前対策として受講した講座
法改正と白書は、真島先生の一日ゼミに参加しました。
はじめて、同学(ライバル)の人の存在を感じました。
学生時代の成績
余りにも昔のことで忘れました。工学部出身(工学博士)、会社ではずっと技術屋でしたので、大学卒とはいえ受験資格には若干後ろめたい ところがあります。

勉強方法

私の場合は、中小企業診断士2次試験とかけもち受験のため、スケジュールはかなりハードでした。 原則的には、曜日を決めて日単位で時間を割り振りました。以下は社労士試験についてです。

  • 電車での移動中、散歩中など机に向かえないときは、カセットテープで。
  • 日中の自宅学習は能率が悪いので、一日中図書館に。
  • 夜は、パソコンによる教材学習や『Sha-ra-run』を見る。
  • 眠くなったとき(しばしばある)は過去問に向かい、クイズ形式で挑戦する。

変化を持たした学習法が良いようです。

  • カセットテープでは、条文や解説はお経のごとく耳と口で丸覚えを。
    本だけでは独りよがりになり、誤まって理解することにもなりかねません。
    これを避けるためにも、カセットを聞くことは良かったと思われます。
    (秋保先生の、それも前年度の古いものを安価で入手。ただし、この場合は、前年の改正点も勉強するつもりでないと、古い規定を勉強することになるので注意)
  • 学習書は真島先生のもの1冊とし、欄外に書いてある「ポイント、メモ」や過去問、判例なども、忘れずに目を通す。 学習書はこれ1冊で十分でした。
  • 一つのテーマをマスターしたら、他の法律ではどうなっているか、好奇心をもって横断学習を。 これには、『Sha-ra-run』の「条文で確認したい人の横断集」 ならびに、Haruさんが執筆した 『真島のわかる社労士横断式学習法』が非常に役立ちました 。
    私自身も新たに項目を追加したページをつくり、この本にホッチキスでとめて、分厚い本にしました。
  • 過去問は、6月から手がけました。同じ問題を繰り返し繰り返しやりました。 過去問の場合は、自分の解答が合っているかいないかで一喜一憂一しても意味がありません。5つの選択肢すべてに対して、なぜ「Yes」なのか「No」なのか、自分で納得できるまででないといけません。解説の多い過去問集が良いと思います。

以上のほとんどが理想で、実際にはその通りには行かず、時間切れになってしまったような気がします。

★いえいえ、実際に行ったからこそ一発合格されたのでしょう。ダブル受験なのにすごいですよね。
少ない教材でかなり効率的な勉強をされた見本だと思います。

勝因

当日の体調と運。
それと、当日はやや厚着としチョッキも用意していきました。
(試験会場は冷房の効きすぎで悩まされた人も多かったと思います)

『Sha-ra-run』利用した感想・役立った点

もとになる条文そのものとその背景、法改正点、過去問、横断学習を立体的に勉強するには、これほどよい教材はありません。
合格した後になって、その良さがさらに実感できます。

★ありがとうございます。“立体的に勉強するには”これ名文句。いただきです(^O^)

今後の目標

とりあえずは、講習をうけます。

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます