社会保険労務士合格体験記

旦那様と二人三脚、16年に同時合格されたJ.Fさんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
J.F♀(『Sha-ra-run』会員 の奥様)
受験時の年齢
40歳代
受験動機
夫が社労士受験を決意し勉強を始めた時「面白そうだ」と私も勉強することにしました。「法律という未知の世界を知りたい」という好奇心がありました。
受験時のお仕事
主婦(中1の娘あり)
勉強方法
通信教育(カセット・CD)、公開模試も自宅受験
受験回数
3回
勉強時間
1日3時間位(直前期は5時間以上)。
学生時代の成績
普通

勉強時間の作り方

主婦なので会社勤めの方より勉強時間が取れましたが、集中力はそんなに続かないので、1日3〜4時間程度勉強しました。午前中1〜2時間、午後2時間位です。夜は子供もいるので直前期以外は勉強しませんでした。勉強時間の長さより、集中して講義(カセット)を聴く、問題を解くことが大切と思います。

主な勉強の進め方

法律の素人なので通信教材のカセットを聴いて理解し、教材の問題集や過去問を解く、の繰り返しでした。基礎・基本が第一と思い、手は広げませんでした。市販の問題集は標準的なものを中心に最低3回、多いものは5回以上解きました。

TACの合格のツボやLECの出る順はコンパクトで奇問難問もなく良かったと思います。月刊誌「社労士V」「Get」も最新情報が載っており活用しました。

通信教材のカセットは一度に10本位送られてきますが、出来るだけ日をおかず一気に全部聴きました。このやり方は、最初の内容を忘れる前に次々新しい物を聴くので全体像がつかみやすく、とてもよかったと思います。週1〜2回の通学にないメリットだと思います。

科目別の取組み

・得意科目→労働者災害補償保険法・雇用保険法・国民年金法・厚生年金保険法
・不得意科目→労働基準法・一般常識

■労災
判例を読むのがおもしろく、遺族補償年金は(夫には悪いけど)密かに今ならいくら貰えるか?計算したりしました。

■雇用保険
自分が基本手当を貰ったことがあるので関心もあり、好きな科目でした。お勤めの方は今自分が辞めたら手当はいくらもらえるか?計算しながら勉強すると楽しいですよ。

■年金科目
親が既に年金生活で、父はよく「年金はスライドがあるからありがたい」と言っていたので、年金制度の大切さを感じていましたから国年、厚年とも興味を持って勉強できました。

■健保
身近な法律なので得意科目のつもりでしたが今年の健保は選択・択一共に難化し、あせりました。

■労基
本試験の問題は、長文で難しい判例が多く苦手科目でした。判例を全て覚えるのは不可能なので、やはり基本を押さえることが最重要と思います。

■一般常識
特に労働経済が覚えられず、また沢山の法律を整理して正確に記憶するのに苦労しました。一般常識対策として新聞はよく読んでいましたので、社一の選択は5点とれました。新聞は年金や生活保護に関する記事がよく載っているのでチェックして損はないです。

過去の不合格の反省

1年目 択一 一般常識で足きり
2年目 択一 労基で足きり

選択もクリアし、択一の総得点も7割取れているのに、たった1科目1点足りないだけで不合格になる社労士試験は厳しい試験です。半数以上の人が出来る問題を落としては合格できないと痛感しました。

今年の勝因

「基礎・基本を固め難問は捨てる」方針で勉強をしたのが良かったと思います。

午前の選択の健保を見て数字だらけでビックリしましたが、同時に「シメタ!」と思いました。高齢化社会到来の時代、高年齢者の高額療養費は出題されると思っていましたから、算定基準額は完璧に覚えていたし、計算も2〜3回練習していましたので5点取れました。

労一の労働力人口比率は、試験会場に向かう電車の中で最終確認していたところで自分の幸運に驚きました。最後の最後まであきらめずに暗記に励むと良いことが起こります。

昼休みに「午前中の試験はクリアだ!あとは午後の択一で足切りに掛からないよう頑張るだけだ」と自分に言い聞かせました。

自分の強運を信じ強気で択一に臨めたのが良かったと思います。

実は試験日の朝は、択一は苦手な労基からでなく、得意な社会保険から解こうと思っていたのですが選択試験の後「今年の健保は曲者だ。労基の選択はやさしかった。やはり択一は労基からやろう」と考え直しました。実際今年の択一は社会保険が難しかったので、労基から解く作戦は正解でした。

択一で3年連続足切りはあまりにも悲しいので、とにかく絶対全科目4点以上取るつもりで問題の読み違いをしないように気をつけました。

結局健保は3点で、合格発表日は祈るような気持ちでした。救済されて本当にラッキーです。ちなみに夫も同時に合格しました。夫婦不和が起きずホッとしています。

今後の目標

試験が終わって4ヶ月がたちましたが、もうかなり忘れている自分に驚きます。今後も勉強を続けてこの知識を活かして仕事をしたいと思います。

息抜き法

夫との週末のテニスは楽しみでした。子供と夜一緒にテレビをみたり、勉強をみてやったりするのも楽しかった。家族の理解と協力がなければ勉強は続けられませんでした。本当に感謝しています。

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます