社会保険労務士合格体験記

奥様と社労士受験に挑み、お二人とも3回目で合格した
『Sha-ra-run』会員船津さんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
船津さん♂(『Sha-ra-run』会員)
受験時の年齢
50歳
受験動機
私は、二十数年会社員生活をしていますが、独立開業できる資格を持ちながら会社にも貢献できる資格はないかと考えていました。

その矢先に、自分が所属しているテニスクラブの知人と旅行先で偶然出会い、名刺を頂いたのですが、その人は社会保険労務士として開業され活躍されていました。

そこで社労士について調べてみると会社の各種制度との係わり合いも持ちながら会社と従業員のために尽力でき、将来は開業も夢ではない魅力ある資格だとわかり私も目指すことに決めました。

受験時のお仕事
会社員
勉強方法
通信(クレアールの社労士一発合格コース<カセット> )
受験回数
平成16年度に3回目で合格
勉強時間
正確には確認してないが、
1年目500時間、2年目800時間、3年目1000時間
市販の利用書籍

『社労士V&cd-講座』←短期間に復習するのに重宝

『出る順社労士 選択式マスター』 

『秋保雅夫の合格社労士』←通勤時の調べ物用

『重要項目ゴロ合わせ丸暗記』日本法令←記憶の助け

『完全予想問題集』日本法令←難しいが自信もつく・・初学者にはお勧めしません。

『直前模試2004』東京法経学院出版
『社労士直前予想模試』ダイエックス
『うかるぞ社労士択一式予想問題集』

試験直前対策として受講した講座
クレアールの講座だけで十分でした。
模擬試験は、LECの模擬試験(3回)を受け武者修行しました。
学生時代の成績
並です。

勉強時間の作り方

電車通勤していましたから急行だと座れないので、各停に乗りテキストを開いて1.5倍速程度で講座を聞いていました。昼休みは食後の20分から30分テキスト読み。

★ポイント!急行なら早く会社に着くのに、わざわざ各停にして通勤時間を延長。…ということは早起きもしている、ってことですね!

主な勉強の進め方

■インプット時期

基本テキストの読み込みと条文確認をしました。
問題集はコース付属の過去問題集の反復(間違った箇所中心)

勉強が進んでくると似たような記述が表れ、記憶を頼りにテキスト・参考書をひっくり返しましたが、見つからないときすごく時間を無駄にしているような気がします。
そういう時に『Sha-ra-run』のサイト内検索を利用し条文ベースで確認しました。

テキストで関連事項を調べた際には、必ずその参照先のテキスト名とページを相互に参照できるように余白に書き込みました。
この書き込みがアウトプット時期の復習に役立ったと思います。

苦手箇所は、必ずどの科目にも出てきます。
他の科目、他の項目との違いが整理できずに混乱しがちでした。
簡単に表形式で整理しました。

社労士試験では覚えないといけないことが沢山あります。 
優秀な記憶力を持ち合わせていないので、自作の語呂合わせを考えて工夫しました。
当然インターネットに掲載されていた秀作も頂きました。
この語呂合わせと苦手箇所の横断整理をまとめた資料を2日に一度は眺めていました。
他人が見ても?という資料ですが、通勤時に人目を気にせず確認していました。

★ ポイント!Haruは語呂合わせ作りませんでしたが、表形式の項目整理はたくさんつくりました。私はこれを毎日眺めました。机に向かって鉛筆を持つだけが勉強ではありません。まとめたこと等は脳に擦り込むよう“眺める”っていうのがポイントなんですよね。

■アウトプット時期

基本的には問題集中心ですが、(最)重要事項は繰り返し押さえておかないと 何時忘れてしまうか心配なので、時折テキストを読み込みました。

問題集は、片っ端から消化しました。(アウトプット時期に時間がない方にはお勧めできません)自信を持って正解した問題(一問一答レベルで)は繰り返さず、自信なく正解した問題、間違った問題は、全て3回程は回しました。

この時期に間違った問題はテキストにマーキングし、読み込み時に自分の弱点が解るようにし押さえました。

条文ベースで確認したいときには『Sha-ra-run』で検索し関連事項をあわせて確認していました。

特にアウトプット時期は、時間が勝負なので簡単に検索できる『Sha-ra-run』を重宝していました。
時にはネットサーフィンならぬ『Sha-ra-run』内サーフィンをして次から次へと関連事項をみて印刷して眺めたりしていました。

■直前期(1週間前)

間違えた問題とテキスト読み込みが主ですが、労働経済も心配なので予備校から配られた資料もあわせて押さえる努力をしました。

受験日から合格発表まで

力ずくでの記憶は限界があるので、理解に努めました。また、全体を理解した上で細かいところを呼んで理解するのが重要と感じました。

条文には原則・例外で構成されていますが、科目の中で通して原則例外(共通事項)を見つけ出し、記憶する数を減らして、記憶力が減退した私でも何とか覚えることができました。
例えば、安衛法の代理者選任は、**管理者または**責任者が必要(原則)で他の登場人物は不必要(例外)などです。

工夫したわけではないですが、相談相手・受験仲間がいると良いと思います。
私の場合、妻がその役目を果たしてくれました。といえばかっこいいのですが、折角の大枚を叩いた受講料を少しでも取り戻そうとしたのか、「一粒で二度おいしい」などと軽口をたたいて一緒に勉強を始めたのですが、3年間も同じ釜の飯を食べることになりました。

妻とは互いに解らないところを教えあったりしました。
いつも近くにいるので、気楽に話していました。
良き相談相手、良きライバルになってしまいました。
模擬試験形式の問題集の点数を競争し、ある意味勝負し互いに向上していきました。
その結果、妻も私と同時に合格し美酒を味わいました。

★ご夫婦で同じ目標を持ち、同時に合格するなんて、すばらしいですよね!

過去の不合格の反省

  • 細かなところに気をとられ基礎基本があやふやだったこと。
  • 初学の時に大事なところすべてにマーキングしてしまいアウトプット時期にはテキストが真っ赤で自分の弱点がテキストを見ても解らなかったこと。

そこで、平成14年、15年の自分が受験した問題は徹底して見直しました。

合格年の勝因

テキストの細かいところには手を出さずに、問題の反復に徹したところが結果的には良かったかもしれません。

『Sha-ra-run』利用した感想・役立った点

  • ある科目を勉強している時に、「確か似た条文があったよな」と感じたらすぐキーワード検索し、当該条文を確認し自分のメモを作成していました。(これを横断整理と言っていいかもしれません)。労働基準局長が勧告するのは?等ふっと思いついたように疑問について検索をしていました。基本書等で首っ引きで調べると体力を消耗するので助かりました。
  • 改正情報として整理して掲載しているページはよかったと思います。参考にさせてもらいました。
  • カラーで表現してありポイントが目に飛び込んできます。 
  • 今回最初に『Sha-ra-run』で勉強したのが健保の高額療養費の計算方法でした。おじいさん、おばあさんなどのイラスト入りで解りやすく解説してあったページであった事を昨日のように思い出します。今年の選択でバッチリ出たのでうれしかったです。

★高額療養費の解説ページは自分でもお気に入り。役に立ててよかったです!

今後の目標

今はスタート地点に立ったばかり、勉強を続けてこの知識を活かして行きたいと思います。

受験生に送る言葉≪息抜き法≫

あまり禁欲的に勉強だけをすることはないと思います。適度に運動して(過度は禁物)リラックスすることも重要だと思います。他の受験生からはお叱りを受けそうですが、私は妻と土日はテニスを数時間していました。犬の散歩と同じレベルで普段の生活に溶け込んでいたので変えませんでした。互いに受験生だったので一汗かく程度にして血の巡りが良くなったところで集中して勉強しました。

試験前日も煮詰まってしまいそうだったので、1時間だけテニスをして気分転換をはかり、その後最後の確認をしました。テニスをしなかったら二年目もしかしたら一年目で合格?はたまた、まだ受験生?神のみぞ知るです。

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます