社会保険労務士合格体験記

テキスト読みと過去問を重視し、ゆっくりしっかり理解度を深めた
『Sha-ra-run』会員KYさんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
KY♀(『Sha-ra-run』会員)
受験時の年齢
34歳
受験動機
友人が社労士の勉強を始め、その話を聞いているうちに「その資格で勉強することって私のしている仕事のことじゃない!!」と気づいたため。
受験時のお仕事
主に総務
勉強方法
1年目:通学(LEC速習)、半年で総勉強時間600時間
2年目:通信(IDE)、1年で総勉強時間1000時間
試験直前対策として受講した講座
(IDE)法改正ゼミ、一般常識特訓ゼミ
(Wセミナー)横断整理講座
(クレアール)選択式マスター
(LEC)模試3回
学生時代の成績
普通

勉強時間の作り方

家では、誘惑がいっぱいあって、勉強できないため^^;
平日は、仕事が終わったら、図書館かファミレスかカフェにて勉強(1〜3時間)
休日は、図書館で勉強(6〜12時間)

★ 私も家では勉強できなかったので、なるべく外で勉強するようにしていました。
家ってテレビあるし、すぐ横になれるし、雑誌あるし…。

勉強時間を作るのに工夫したこと

トイレと化粧台に苦手な部分(表にしたもの)を貼った
車の中ではひたすら通信のテープを聞いた。(通勤時間往復2時間)

★あまりに勉強で頭がいっぱいだったのか、試験数ヶ月前に信号無視をしてしまったため、車の運転は試験終わるまで止めました^^;危なかった〜

1年目の不合格の反省点

1年目は、講義出席するだけで精一杯。全く復習できなかった。
テキストもまともに読まなかった。(レジメとまとめ本のみ)

過去問はただ単に○×だけで、どこが違っているのか考えず、解説を読むだけとなっていた…などなど間違いだらけ…。

合格年の主な勉強の進め方

  1. 科目ごとに、過去問部分をテキストにマーキング
  2. 項目ごとに、テープを聞く⇒理解しながらテキスト読み
  3. その章が終わったら、再度テープを聞く(速聴)⇒練習問題
  4. 1科目終わったら、再度テキスト読み⇒過去問
    分からない部分はその都度『Sha-ra-run』で確認。

この繰り返しで1回転させました。
6月頃から答練。8月に入ってからは、テキストと過去問のみ。

★焦って前へ進むのではなく、ゆっくりしっかり進めていったから合格に結びついたのですね。

合格年の勝因

月1の勉強会に参加したため、やる気がもらえた。
最後の1ヶ月は、テキストと過去問にしぼった。

★モチベーションを維持する手段も受験生には必要なんですね。

『Sha-ra-run』利用した感想・役立った点

やはり、すぐに関連条文に飛べること、法改正に対応している、につきます。
今現在も、仕事上わからないことがあると、目の前のパソコンですぐに調べられ、すごく助かってます!!

★ありがとうございます。今後も充実したサイトになるように頑張ります。

今後の目標

まずは、今の仕事で役立たせたい。
それから先は、まだ考え中。

受験生にメッセージ

誰もが言っていることですが、テキスト読みは重要です!!それも通しで読むこと。
わからないときに同じところばかり読んでいるより、全体を流して読んでみるほうが、だんだんわかってきます

それから模試の点数が悪くても気にしないことです。すごくあせると思いますが、(←これ私です^^;)
基本に立ち返って、手を広げずに今あるもので地道にこなしていくことが大事だと思います。

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます