社会保険労務士合格体験記

テキスト・過去問・予想問題を徹底的に。疑問はすぐに解決させて
独学1発合格『Sha-ra-run』会員高橋さんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
高橋智規♂(『Sha-ra-run』会員)
受験時の年齢
37才(事務職)
受験動機
独立開業できる資格を取りたい!!
勉強方法
独学
受験回数
1回
勉強時間
約5箇月でトータル1,020時間
試験直前対策として受講した講座

法改正、白書、TAC3回セット模試

学生時代の成績
中学時代は学年1位を取った事も(…懐かしいなぁ)。その後は先細りでした。学習院政治卒。

使用教材とその感想

基本書
『なにがなんでも合格社労士』 一番薄くて読みやすそうだったから。内容は、やっぱ大雑把な感じ。でも十分満足しました。
『まる覚え社労士』 コンパクトにまとまっているので、選択式対策にと思って。でも結果、必要なかったかな?
『真島のわかる社労士横断式学習法』 ある程度学習が進んだ時点で、記憶の整理に使用。大活躍でした。一番見たかも。

基本書は、自分で見て読みやすそうなものを選べばよく、分量や細かさは、あまり気にする必要はないと思います。多少他のテキストに書いてあることが載っていなくても気にする必要はありません。内容の記憶より、通読して大まかな全体像の把握に使用しました。

また、ある程度学習が進むと、各法律ごとの類似点や微妙な相違点が気になり始めますその時点からは横断学習することをお勧めします。これは通読ではなく、気になったらその都度、該当する項目を確認するのがよいでしょう。私は一日に何回も、どこかの項目を確認していました。その際、横断テキストがないと法律ごとに確認しなければならないので大変効率が悪くなります。横断テキストは持っていた方が良いでしょう。

過去問
『うかるぞ社労士5年間過去問』 解説が簡潔で分かり易そうだったから。内容は必要にして十分。大満足です
社労士試験の成否は過去問にあります。これは自信をもって断言できます。教材は基本書と同じく、自分で見て読みやすそうなものを選べばよいと思います。教材よりも繰り返すこと!これに尽きます。
予想問題
『うかるぞ社労士択一式予想問題集』 コンパクトですが、十分な内容。過去問2〜3周終了時点で解くとよいと思います。
『うかるぞ社労士選択式予想問題集』 同じく過去問2〜3周終了時点で。記憶の定着に大いに役立ちます。超お勧め。
『真島のわかる社労士予想問題集
労働編』
結構細かい内容を問われます。ある程度学習が進んでからでないと混乱するかも。
『真島のわかる社労士予想問題集
社会保険編』
こちらは基本内容が中心。記憶の定着プラス自信が付きます。お勧め。
『社労士直前予想模試』
(ダイエックス)
非常に難しい。初学者にはお勧めしません。でも、一番本試験に近い問題だった。
過去問を3周もすると、だんだんと飽きがくるし、答えを覚えてしまうので、その頃に予想問を解くことをお勧めします。これも過去問と同じく繰り返すことが重要です。初見で予想問が6〜7割解けるようであれば、かなり自信を持ってよいと思います。ですが、あくまで「予想」なので、過去問をマスターしてなおかつ余裕がある場合にお勧めします。

勉強時間の作り方で工夫した点

学習記録を毎日欠かさず記入し、自分でその日のノルマ(時間数)を決めて、クリアするまでは必ず勉強するようにした。

オリジナル単語帳を作って、どうしても覚えられない設問は、いつでもどこでも短時間の空き時間にでも勉強できるようにした。

主な勉強の進め方

まずテキストを通読
主要法律の条文を『Sha−ra−run』で通読
過去問を解いてつまづくと『Sha−ra−run』で根拠法令をその都度確認
通り終わったらまた最初から過去問を解く

この繰り返し。

過去問は6周するのを目標にし、結果7周できた。

学習が進んでからは、予想問題を取り入れた。こちらも最終的には7周できた。

6月以降、模試を3回受験。3回とも運良く好成績で、これが大きな自信になった。

直前対策として、白書と改正法を通信(テープ&レジュメ)で勉強した。白書対策は絶対必要。改正法は初学者には不要では?

★ え〜だめだめ。高橋さんは不要と思ったのかも知れませんが、法改正講座の受講は必須ですよ。
もしかして、『Sha-ra-run』で法改正を把握していたから不要と感じたのかも!?予想問題も沢山こなしていたので、法改正に強かったとも言えますね。

今年の勝因

とにかく過去問を繰り返し解くこと。

今年の勝因を一言で言えばこれに尽きると思います。過去問を制する者は社労士試験を制する、といっても過言ではありません。

こう書くと、「過去問だけでは解けない問題があるのでは?」と思う方がいるでしょう。確かにそのとおりです。とくに近年、試験問題が難問化し、過去問どころかテキストにも載っていない問題が出題されています。

ですが、そのような難問は全体の2割程度で、残りの8割は、基本問題と応用問題です。

今年の択一合格基準は70問中43問でした。つまり、仮に難問が全部不正解だったとしても、残りの問題の8割弱正解すれば合格できます。

この「難問以外の8割」を確実に正解するために必要なのが過去問の繰り返しです。これは、来年以降の試験にも同じことが言えると思います。難問化すればするほど基本を確実に押さえる、これが合格への最短ルートです。

あとは一般常識の白書対策でしょうか。
一般常識は、他の科目とは異質なものなので、やらざるを得ないと思います。
受験用に抜粋したレジュメを購入することをお勧めします。

これもとにかく繰り返し読むことです。「覚えよう」としてもムリです。分量が膨大なので。繰り返し読むことで、序々に、しかし確実に知識が定着します。6月になったら始めればよいでしょう。

『Sha-ra-run』利用した感想・役立った点

とにかく検索が手軽にかつ短時間でできること。
学習中に疑問点があれば、誰でもすぐに確認したいと思うでしょう。
しかし、これを紙媒体の法令集でやると、分厚く重い本を引っ張り出して、膨大なページをめくって検索しなければならない。

それでも見つかればいいですが、手間と時間をかけて、結局見つからずじまい、なんて事があるでしょう。
『Sha-ra-run』なら、こんな時間のムダ、労力のムダが一切ありません
「調べたいけど、時間がかかるからまぁいいか」から「疑問がわいたらすぐ検索、即解決」に変わります。

当然、効率アップ間違いなしです。
私は、とにかく疑問点をほおっておけないタチなので、どれぐらい助けられたか分かりません。

それと、各法律間の横断学習のコーナーもあり、ワンクリックで次々と参照できるのも大変便利で、大いに利用させていただきました。

疑問解消倶楽部を利用した感想・役立った点

私のように、独学の場合は、自分で解決できない疑問を質問する相手がいません

私は、とにかく疑問点をほおっておけず、なおかつすぐに疑問を思いつくタチなので、疑問解消倶楽部回答者の方々には、大変お世話になりました。

ある一定のルールはありますが、社労士試験に関することであれば、基本的に何を聞いても大丈夫というシステムはありがたい限りでした。
「疑問蓄積による慢性不安」解消にはうってつけでした。

また、質問内容が試験に不必要なときにはそのように回答してもらえるので、ムダな時間を省いた効率的な学習にも大変役に立ちました。独学者には特にお勧めです。

今後の目標

当初の予定どおり、独立開業したいと思います。そのためには、これまで以上に勉強しなければ…でもまぁ、人生は一生勉強だと思うので。試験勉強と同じく、マイペースで頑張るつもりです。

受験生へのメッセージ

受験生の中には、社労士試験の勉強をこれから始める方も、これまで勉強してきた方もいるでしょうが、皆さん共通の悩みとして、勉強することが苦痛に感じる、ということがあると思います。
特に初学者の方はそうではありませんか?私も同じく、でした。

合格するための一番の秘訣は、とにかく継続して毎日勉強することだと思います。
社労士試験は、忘却との戦いだと言われています。試験範囲が膨大で、かつ類似の規定がいくつもあり、とにかく知識を定着させ維持することが難しいからでしょう。

ある一日だけ、または一時期だけ集中的に勉強する、という方もいるかも知れませんが、それでは不思議と知識は定着しません。勉強しない時期に、せっかく習得した知識が薄らいでしまいます。短時間でもいいから、毎日勉強してください。

また、そうすることによって勉強することが習慣化されます。それが何より大切だと思います。
最初は苦痛に感じる勉強が、毎日の習慣になれば、逆にせずにはいられなくなります。入浴や歯磨きと同じことです。

そうなれば、どんどん勉強したくなると思います。知識が増えると興味も増してきますから、もっと知りたい、もっと覚えたいと思うようになるからです。それ以降は、ほおっておいても実力が付いてきます。

それと、息抜きは忘れないで下さい。
現在、定期的にスポーツや習い事をやっている方もいるでしょうが、それは是非とも続けてください。私は下手なバドミントンを毎週やっていますが、試験日の前週まで続けました。

社労士試験は、一度合格すればそれで終わりです。
更新試験などありませんから。逆に、合格しなければ何度でも受けなければなりません。どうせなら、しんどい勉強は一度きりで終わりにしましょう。皆さんの健闘をお祈りします。

★短期間の独学で合格するだけの要素がたっぷり入っている体験談ですね。
何度も読んで、自分の受験勉強にも取り入れて欲しいポイントがいっぱいです(^o^)

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます