社会保険労務士合格体験記

過去問の重要性に気づいたから合格できた。ハタソンさんの合格体験記です。

社会保険労務士試験 受験者プロフィール

名前
ハタソン♂(17年合格)
受験時の年齢
26歳
受験動機
学生時代、父の入院で高額療養費等の請求関係で社会保険事務所に行ったとき、社会保険関係に興味を持ち社会保険労務士の資格を受験しようと思った。
受験時のお仕事
無職(アルバイト)
勉強方法
独学
受験回数
学生時代を含めて5回ぐらい
試験直前対策として受講した講座

書対策講座、改正法講座、年金講座、模擬試験など

不合格の年は…

学生時代は学校で開かれていた社労士講座を受けていた。が、初めて資格関係の勉強をすることもありどう勉強していいかわからず、過去問学習もせず受験したためほとんどできなかった。就職のこともあり勉強に集中できないこともあった。就職後は、仕事のこともあり勉強もできなかった。

事情があって会社を辞めた後、社労士を本気で勉強しようと思い、独学で受験したが、過去問の重要性を理解しないまま勉強したため失敗。次の年も同じ理由で失敗した。

★今、この体験記を読んでいるあなた。「過去問への取り組みは重要」ということを知ったことになります。

合格年の主な勉強の進め方

今度こそはとインターネットで情報収集をし、過去問の重要性をようやく理解した。
書店で一問一答10年分問題集があったので購入し、何回も繰り返し解いた
選択式対策もできるだけ問題数が多いものを購入し何回も書いて覚えるようにした。

★過去問や演習問題にどれくらい取り組んだかで結果は違うのですね。

合格した要因

過去問を繰り返し解く(できれば一問一答式)
過去問は解説が詳しいものを選ぶ。
選択式対策はできるだけ書いて覚えるようにする。
白書対策講座、改正法対策講座、模擬試験は受けるようにする。

★独学でも、演習問題を沢山こなし、最低限の直前講座を受けることにより、合格できるということですね。

合格年の感想

今年は長文が多く解いてもこの回答でいいのかと迷い、答案を提出した後「だめだった。」とため息つきながら家に帰った。予備校の速報を見ると、自己採点は43点(その後センターのダブル解答の発表で44点になった)。社労士関係の掲示板を見ると「今年の試験は簡単だった。」等の書き込みが多く「合格基準点は高くて、44点ではだめかな。」と思い、再受験と覚悟し某社労士塾の講座を受けていた。発表の日官報に自分の名前があってびっくりした。

★択一式40点ぐらいの人はたくさんいます。長文の問題に困惑しながらも、正解肢を選び出すことができたから、44点とれたのです。覚えていない、と思っていても、何回も解いた演習問題から自然に体に吸収されていた知識があったのでしょう。

社労士試験合格体験記一覧へ戻る

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます