セミナー

お申込は締め切りました!

12月19日 第3回年末セミナー&忘年会『学校では教えてくれない社労士の実態』

シャララン・コンサルティング主催
第3回年末セミナー

社労士試験合格者と受験生のための
モチベーションアップセミナー
『学校では教えてくれない社労士の実態』

2009年12月19日(土)開催

第1部 豪華講師3本立て『学校では教えてくれない社労士の実態』

社労士受験コンサルタント 大沢治子

こんにちは!社労士受験コンサルタントの大沢治子です。
平成19年・平成20年と「セミナー&忘年会」を開催し、それぞれ80名以上にお集まりいただきました。

とても楽しく・意義のある会なのですが、大規模なセミナーは、やはり準備が大変!ということで、「規模」よりも「続けること」と「質」に重きを置こうと、今年は若干規模を小さくして、時間をしっかり取り開催することにしました。

年末セミナーと忘年会を開催する理由は以前から変わりません。

シャララン・コンサルティングでは常日頃から「受験」と「合格後」の橋渡しをしたいと考えています。それには「セミナー&忘年会」というのは貴重な場。

年に1回ぐらい、同じ目的を持った大人が集まる場所をまた作りたい!
セミナー・忘年会で皆が見せてくれた真剣さや笑顔をまた見たい!
「セミナーという大人の学びの場」があることを、一人でも多くの人に伝えるキッカケを作りたい!

です。

さて、今年のタイトルは「学校では教えてくれない社労士の実態」

拙著ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意(日本法令)第3章「覚悟をもって受験勉強に挑まずして合格はない」P148に「社労士で活躍するイメージを植えつけろ」という見出しがあります。

合格へのモチベーションを維持するために、社労士として活躍する自分をイメージすることも有効な手段である」とし、社労士が書いた書籍を3冊後紹介しました。

社労士が書いた本を読んで、体験や仕事ぶりを伺うことはできます。しかし、実際に、成功している社労士に会い、そして実話・実体験を聞き、雰囲気を肌で感じる機会はなかなかないのではないでしょうか?

そこで、ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意』でご紹介している長沢有紀社労士と内海正人社労士に今回講師としてご登場していただくことになりました。

長沢社労士は、短大卒業後、銀行に勤め、23歳で社労士資格を取得。25歳という若さで開業し、地道にキャリアを積み上げ、開業16年目。開業後に結婚し、現在3人の母(下の子は4歳の双子ちゃん)。

社労士として生きていくために、それまで毛嫌いしていた“インターネットの活用”を積極的に取り入れることを覚悟をもって決意。その覚悟が徐々に効果を生み出し、今では雑誌の取材、テレビへの出演も多数あります。

メディア露出が増えたため、一見、バリバリの気位の高いお姉さまのようですが(失礼!)、話してみると、謙虚で腰の低いお茶目な女性です。それでも(だからこそ?)、年収2,000万円を目指せるほどクライアントが多い社労士事務所の代表です。

長沢社労士には、開業16年目というキャリアだからこそ知っている昔の社労士・今の社労士・これからの社労士、そして女性が社労士を生業としてやっていくことのメリット・デメリットなどをお伺いしたいと思います。

内海社労士には、平成19年の年末セミナーでは、2冊目の『社労士 絶対成功の開業術・営業術』の出版記念講演をしていただきました。平成20年の年末セミナーでも、飛び入りゲストとして15分ほどお話いただいたのですが、「もっと話を聞きたかった!」とのアンケート書き込みが続出。

平成15年に独立し、開業6年目にもかかわらず、現在、内海先生が設定している1時間の相談料はなんと52,500円で、多くの社労士が設定している額の5倍〜10倍です。年収はン千万円、事務所の売上も年々増加。不況によるクライアント減少がありながらも、新規顧問先を取り続けています。

最近は、法人クライアントを対象にした実務セミナーがメインで、「社労士向けセミナー」はほとんどやらなくなってしまいました。ですが、“シャラランなら特別に”ということで、ガツン!と“開業社労士で成功する思考”を伝授していただこうと思います。

そして、今年も起業コンサルタントの松尾昭仁先生にもご講演いただきます。

私が松尾先生に講演をお願いするのは、社労士ではなく、資格学校の講義でも勉強会でもなく“セミナー”という大人の学び場を提供する講師はどんなことを話すのかを知ってもらいたい、“社労士”という枠を超えて異業種ともいえる人の話を聞くことも時には大きな気づきがあることを体感してもらいたいからです。

今や著書9冊にもなった松尾先生の自主開催セミナーは、参加料がん万円という高額セミナーであり、外部講師として話すときはン十万円の講師料を取るセミナー講師です。なんか怖いイメージがあるかもしれませんよね?でも、大丈夫です。毎年、講義が好評だから、お呼びしているのです!

松尾先生が講演するセミナーには、多くの士業(社労士・税理士・行政書士など)の方が参加します。多くの「国家資格を取った人」に会い話した経験から、成功するタイプとそうでないタイプがわかるということ。そこで、なぜ資格を取るのか?取ったらどう活かすべきか?どうしたら仕事を取っていけるのか?という点を語っていただきたいと思います。

このように、豪華講師3名の講演を一度に聞ける場は他にありません。
今年は規模を小さくしたので、すぐに満席になってしまう可能性が大です!

「セミナーは初めて」という方が多いのですから、気負いせず、お気軽にご参加くださいね。

あなたと、セミナー会場でお会いできることを楽しみにしております!

このセミナーの対象となる方

  • 本気で「来年こそは試験に絶対に合格するぞ!」と決意している方
  • 意識改革をしたい方
  • 自分がなぜ社労士資格を取得したいのか明確にしたい方
  • 成功している社労士に今まで出会ったことのない方
  • 開業に向けてどのような準備をするべきか知りたい方
  • すでに開業しているが、売上が上がらない方
  • 資格の活用方法を模索中の方
  • 試験には合格したものの、その先のビジョンがなかなかイメージできないでいる方

講師略歴及び講演内容

1限目 講師 長沢有紀

著書
  • 『女性社労士年収2000万円をめざす』(同文舘出版)
  • 『ハーベスト時間術』(総合法令出版)
講師略歴

長沢有紀先生

長沢社会保険労務士事務所所長
社会保険労務士・行政書士

1969年東京都生まれ。共立女子短期大学家政科卒業後、三井信託銀行(現中央三井信託銀行)にて信託事務業務、信託窓口業務を担当。銀行業務のかたわら、宅地建物取引主任者、社会保険労務士資格を取得。

名門社労士事務所に勤務後、平成6年8月、25歳にて長沢社会保険労務士事務所を開設。

平成6年から平成9年にかけて、社労士の大手専門学校にて非常勤講師を務め、多くの合格者を輩出する。開業当時、最年少社労士として注目され、多数の雑誌の取材を受ける。

2006年同文館出版株式会社(DOBOOKS)より、『女性社労士 年収2000万円をめざす』を出版。増版を重ね1万人以上が読んでいるベストセラーとなる。

女性社労士としてのキャリアを重ねる一方、1男2女の母親でもある。

講演内容
  • 女性が社労士を生業とやっていくための覚悟ってありますか?
  • 家事・育児をどうやって両立させているのですか?
  • 男性社労士と女性社労士の違いってなんでしょう?
  • しかし年収2000万円はすごいですね?
  • 15年前と現在の社労士業界の違いは?
  • いまからできる開業対策は?
  • どんな有資格者を所員にしたいですか? など
関連サイト

2限目 講師 松尾昭仁

著書
  • 『誰にでもできる セミナー講師になって稼ぐ法』(同文館出版)
  • 『「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術』(日本実業出版)
  • 『1000人のマーケットで1億稼ぐ!』(すばる舎)
  • 『「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法』(ダイヤモンド社)
  • 『生き残る上司』(KKベストセラーズ)
  • 『部下を動かす教え方』(日本実業出版社)
  • 『戦略的!クビにならない技術 会社はあなたのココを見ている』(すばる舎)
  • 『セミナー講師になって稼ぐ方法 【実践編】』(グラフ社)
  • 小さな会社の頭のいい社長がやっている「仕掛け営業術」』(源)
講師略歴

松尾昭仁氏

セミナープロデューサー (自主開催セミナーの専門家)
起業コンサルタント(個人ブランディングの専門家)
ネクストサービス株式会社 代表取締役CEO

1967年、埼玉県出身。西武学園文理高等学校を経て駒澤大学(専攻は経営学)を卒業後、世界最大級の総合人材サービス企業に入社。1年目から多くの派遣スタッフを管理し、その研修にも携わる。

同社を退社後、虚無感に襲われ、働く気力が沸かず競馬・パチンコなどのギャンブルにのめり込む。「人生を逆転させたい!」との思いからビジネス書を読み漁り、少しずつ「起業」への思いが膨らむ。(この時期の多読が後に講師として、著者として大いに役立つ)

親から金銭的な援助を受け、2003年ネクストサービス株式会社を設立、代表取締役CEOに就任。
多くの優秀なビジネスパーソンとのネットワーク作りを成功させる。

2005年より講演業をスタートさせ、短期間で新進気鋭の人気講師として注目される。現在は自身のセミナー活動で得た経験やノウハウを生かし、全国 でも数少ない自主開催セミナーの専門家「セミナープロデューサー」として、後進の指導と個人・法人のブランディングサポートに力を注ぎ、日々「大人を教え る技術」に磨きをかけている。

東京商工会議所を初めとする各種団体やリクルート社・明治安田生命などの民間企業より講演・セミナー・研修依頼が殺到し、新聞・雑誌・ラジオのメ ディアから取材を多く受ける。また、執筆した著作9冊はそれぞれベストセラーとなり、ビジネス書の業界でも、人気著者として注目されている。

自身が主宰する「セミナー講師養成講座」は人気講師と利益の出せるセミナー主催者を輩出することを目的とし、士業・コンサルタント・起業家(またその予備軍)が会員として在籍し、多くの実践者を世に送り出し続けている。

講演内容
  • いけてる社労士と残念な社労士の違いは?
  • 他の士業と比べてみて、社労士の特徴ってありますか?
  • 社労士だってコンサルタント業なんですよね?
  • どうしたら目立つ(仕事の取れる)社労士になれるのでしょう?
  • いけてる社労士になる近道ってなんだと思いますか?
  • いまからできる開業対策は? など
関連サイト

3限目 講師 内海正人

著書
  • 『仕事は部下に任せよう』(クロスメディアパブリッシング)
  • 『仕事と組織は、マニュアルで動かそう』(クロスメディア・パブリッシング)
  • 『社労士 絶対成功の開業術・営業術』(インデックス・コミュニケーションズ)
  • 『「使えない部下」はチームを伸ばす』(インフォトップ出版)
講師略歴

内海正人先生

日本中央社会保険労務士事務所 代表
株式会社日本中央会計事務所 取締役
人事コンサルタント・退職金コンサルタント

総合商社の金融部子会社にて法人営業、融資業務、債権回収業務を行う。 その後、人事コンサルティング会社を経て、船井総研の関連会社にて人事コンサルタント、 経営コンサルタントとして、コンサルティング業務を行う。

平成15年の日本中央会計事務所に合流。日本中央社会保険労務士事務所代表 現在に至る。 人事コンサルティングや退職金及びセミナーを業務の中心として展開。 現実的な解決策提示を行う現場派社会保険労務士。特に人事考課・賃金設計・退職金問題については 数少ないエキスパートの一人として定評がある。 執筆 賃金実務「組織のフラット化について」(産労総合研究所)などがある。 またメルマガ「もうかる会社の組織とは?」は購読者数4,000人を超えている。

講演内容
  • 去年の続き(答え)を教えてください。社労士の平均年収っていくらなのですか?
  • 年収があげられない社労士の共通点をズバリ教えて!
  • 売上をあげる考え方は?その方法は?
  • 社労士というと個人事業というイメージを拭えないのですが、どうしたら経営者的発想になれますか?
  • 他士業とうまく業務提携していくには?
  • どのような所員が欲しいですか?
  • いまからできる開業対策は? など
関連サイト

4限目 トークセッション

講師3人にシャララン・コンサルティングの大沢が加わったショート・トークセッション。
講義中には聴けなかった本音を聞きだします。

第2部 忘年会

第2部は、受験生・有資格者・社労士を交えた忘年会を開催いたします。
もちろん、講師も参加いたします。

講師・主催者・スタッフにつっこんだ質問をしたり、合格後の資格の活かし方などの相談もOKです。
忘年会のみのご参加も承ります。

開催情報

開催日  2009年12月19日(土)
時間 セミナー 12:30〜16:50 (受付開始12:30)
忘年会  18:00〜20:00 (受付開始17:45)
場所 アットビジネスセンター池袋駅前会議室
東京都豊島区東池袋1-3-5伊藤ビル
地図はこちらから

セミナー:5階
忘年会:10階

※セミナーにご参加の方は、17:30以降、10階に移動となります。
セミナー終了後、声がかかるまでセミナー会場でご歓談ください。
定員 セミナー 40名 / 忘年会 60名

スペシャル・スタッフ

最後に

この年末セミナーも今年で3年目を迎えます。

毎年「セミナーに参加するのは初めて」、「ひとりでの参加は不安」、「場違いじゃないか?」、「話の内容についていけるか?」、「受験生は少ないのでは?」など様々な不安を抱えながら、お申込いただく方(特に女性)が多いのですが、ご安心ください。

過去の参加者から、

  • 「合格後ぽっかりと空いた穴を少しずつでも埋め、人の役に立てるように頑張っていきたいと思いました。」
  • 「一人での参加がとても不安でしたが、3人の先生方から話を聞く事が出来、物事に立ち向かう勇気を持とうと思いました。本当に参加して良かったと思います」
  • 「こんな楽しいセミナーは初めてでした!」
  • 「先生方のお話が具体的で明確で大変わかりやすく気持ちが変わりました。」

などの、嬉しいご感想を頂いています。

年に1回のシャララン・スペシャル・セミナー&忘年会であなたとお会いできることを、今から楽しみにしています!

社労士受験生応援メールマガジン

購読無料

2000年5月から配信を継続している、日本一読者数の多い社労士受験情報メルマガです(読者数:約6300名)。主な掲載内容は法改正・勉強方法・モチベーションUP方法など。

シャララン・コンサルティングのサービスを利用している会員さまのフォローアップ用としての機能も持ちますが、自社サービスの告知のみに留まらず、他社のサービス、セミナー、書籍の紹介もしています。

「社労士」というキーワードを広く捉えた情報発信が特徴で、合格後も継続して購読している読者が多数いらっしゃいます。

※いつでも登録解除ができます